スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒森峰女学園仕様 ティーガーⅠ212号 製作記その2

台風の影響で風が強い&雨にやられている九州ですが
今日がピークらしく(21日0130時なう)て大学休みに
なって欲しいような欲しくないような複雑な、DARK.Rデス。

 さて、今日は超絶久しぶりの更新です。
 5月10日以来、健康上の理由で控えていたプラモ製作記参りましょう(*´∀`)

 ティーガーさんは前回、塗装前の下準備まで終わっていましたので
 今日は下地塗装編です。


1.下地塗装に使用する塗料
割高感
"ガイアノーツ サーフェイサーエヴォ オキサイドレッド"を使用。
 下地塗料と言えば、サーフェイサーですわん。
 オキサイドレッドは戦車などのさび止め防止剤をイメージした色です。下地の代わりにこのサーフェイサーを使うことで下地処理も出来、そのままさび色として表現も出来る優れモノ。
 今回は機体色のことも考えてこちらを使用してみることにしました。

2.メイン下地塗装
転輪の多さにやる気が滝砲身の内側は気にしなくてよしこれはこれでイイ(・∀・)
やる気 is どこ (※めんどかった
①. メイン下地塗料の上記オキサイドをひたすら車体などに吹き付ける。※ただし、フラッグの軸と機銃本体は除く
全部全部ではない
②.フラッグの軸は、メタルプライマーを塗布後にサーフェイサーグレー(1200)で処理。
③.機銃本体は通常通りに処理。②と同じ塗料を使用。

3.下地シャドウ
 前作の八九式戦車でもお馴染みの塗装です。するか否か悩みましたが、八九式ではかなり仕事してくれたので、今回も行うことに。
四角い(*´・ω・)(・ω・`*)ネーやっぱ超砲身がイケメン
①.オキサイドの下地が乾燥後、車体の影や角,排気ダクト周辺部分にシャドウを吹く。
   シャドウ色 ⇒ ジャーマングレー(100%)
つらたんピントぇ
左画像:転輪は両端の転輪に関しては8割シャドウでほぼシャドウ色に。それ以外の転輪は表面に軽く。
右画像:車体後部に設置予定の排気口(?)は、それっぽい感じで。(ピンボケは勘弁(☝◞‸◟)☝


 以上です!! 
 オキサイドさんがいい感じの発色してくれるので、本体メイン色の色といい感じにマッチしてくれそうです(*´∀`)
 で、車体上部の後方は排気系が集中してますので、今回シャドウはこれでもかってくらい吹いてます。

 ・・・・・・これ、最近塗装したと思うでしょう?実は下地塗装は5月11日には終わってました
 この塗装終わった次の日から例の、咳が止まらなくなって死にかけたんです・・・・・・(遠目
 というわけで、実はまだ復帰してから塗装はしてません。ワハハー

 ・・・7月中には本体塗装の記事作りたいなぁ( ´◔‿ゝ◔`)
 でも、リハビリ兼ねて一つガレキでも作ろうかなー、とか考えていたり。


 では、今日はこの辺で。


今日の一言[0341] (マブラヴ オルタネイティヴより)

『――しまった! このままじゃ大尉が――!!』

by 国連軍太平洋方面第11軍横浜基地所属特殊任務部隊A-01連隊第9中隊 柏木晴子 少尉
スポンサーサイト

黒森峰女学園仕様 ティーガーⅠ212号 製作記その1

age公式の方でTE発売を祝し6/22に音楽ライブイベント、
「TE MEMORIAL NIGHT 2013 powered by MUV-LUV」が
開催されるそうですが当然行けるはずもない、DARK.Rデス

 さて、今日は映画化も決まるだけじゃなく、ニュースの特集として二度も取り上げられるほどの賑わいを見せている、ガルパン戦車道記事です。

 戦車処女作として、前回八九式中戦車を完成させました(リンクで完成記事へ)。

 第二弾として、タイトルにある通り『ティーガーⅠ 黒森峰女学園Ver.』を制作して参ります。
まほさん可愛い(*´∀`)ティーガーⅠの初期・・・
アニメの決勝戦で大将の西住まほが搭乗していた機体。

 すでに多くの方が作られているようですが、人は人なのでその辺全部スルーして今回も何も見ずに自分勝手に作っていきます
 では、参りましょう。


~塗装前の各種製作~

1.使用キット
2.8kくらいでした履帯の太さ(///
タミヤ 1/35 ティーガーⅠ初期生産型を使用。(ガルパン公式のは色々酷いのでタミヤ安定( ´◔‿ゝ◔`)
 左画像に写っているエンジングリルのエッチングパーツは結局使いませんでした。劇中で確認できませんでしたので。

2.各種加工
クソ萎え( ´Д`)
①.説明書に沿って組み立てていく中で、転輪(接着しない)は全て表面処理。※これが一番の苦行
  ティーガーさんは転輪多いのでものすごく大変。リューターの先端に転輪をつけて、ペーパーに当てると割と楽にできますが、めんどくさいことこの上ないのに変わりはない(☝◞‸◟)☝
結構やりづらいでも効果は抜群
各種アクセサリーは劇中にて装備されていない。そのため、アクセサリーを留める金具(?)のみ使用する。
②.アクセサリーの金具部分(左画像の下側赤丸)を切り出し、本体に接着する(右画像)
 やり方は色々あります。最初にもうパーツごと接着して、接着後に余計な部分を切るとか。
これもクソめんどい左サイドのみモリモリ┗(^o^)┛┏(^o^)┓頑張った_(:3 」∠)_
赤丸⇒パテ埋め , オレンジ丸⇒削り取る , ピンク丸⇒②の加工
③.車体上部と左サイドが設定と違うため要改修。画像の印のように各種加工する。また、パテは左下画像のようにしっかりと穴が埋まるように盛る。1日放置して、リューターなどで削りフィニッシングペーパー(400番→600番→1200番)などで表面をしっかり処理する(右下画像)。

細長い部分のみ切り出す地味な加工
④.車体上部中央の両サイドに位置する細長い金具パーツ(4つ)は、上部に右画像のような加工(やすりを使用した)を施す。←劇中にて確認済み

びふぉーあふたー
⑤.車体後部左側に装備されている工具箱は劇中ではなかった。そのため、右画像のようにひたすら削って整形。自作したほうが早い(←すれば良かったと後悔してる。

3.合わせ目加工
合わせ目は接着派
①.合わせ目は砲身・後部エアクリーナーが目立つので、接着剤にて合わせ目加工。
②.1日置き、乾燥後に表面処理。

4.塗装前準備完了
おぉ
ここまででもう心折れそうだった(ボソッ

 
 はい、これにて塗装の前段階まで終了しました。
 何が大変かっていうと、転輪の処理ね。あと金具パーツの取り付け。金具はとにかく物が小さいから切った部分の表面処理がしづらいの何のって( ´Д`)
 しかし、この戦車はまほさんの愛機ですからね。手を抜くわけにはいきませぬ(`・ω・´)
 で、公式キットを買ってないのでデカールは必然的にモデルカステンのガルパンデカールを買うことになります。しかも2枚(白目
 私は既に購入済みで手元にありますので、ご安心を(*´∀`)


 次の更新がいつになるかはわかりませんが、今月中には完成させたいところ・・・・・・。


 では、今日はこの辺で。


今日の一言[0317] (マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプスより)

『いいぞ、もっと褒めろ。こんな芸当ができんのは整備の天才であるオレ様ぐらいなもんだからな』

by アメリカ合衆国陸軍所属兼国連軍XFJ計画専属整備士 ヴィンセント・ローウェル 軍曹

あひるさんチーム 八九式中戦車甲型 製作記その2(完成)

気がつけばGWも残すところあと1日となっていてもう
なんで休みは時間が経つのが早いのかと愚痴を零したく
なってしまう、DARK.Rデス。

 さて、今日はマブラヴ関係ないです。超絶久しぶりにマブラヴ関係ない更新です。
 4/19の更新(リンクでガルパン戦車カテゴリへ)を最後に止まっていたガルパン戦車プラモシリーズの続きです。
 ホントは順を追って製作記書くつもりだったんですが・・・・・・2にして完成です(^_^;)
 まぁ・・・はい。製作記行きますw


完成したのずいぶん前なので写真撮ってないところが多い・・・許して(´・ω・`)


~塗装~
 劇中に登場する戦車は基本的に綺麗で、砲弾とかやられたりしない限りは汚しはあまり必要ない、というのを念頭に置いて塗装開始。 ※塗料は基本Mr.カラ使用

1.下地塗装編
サーフェイサー(゚Д゚≡゚Д゚)
①.サーフェイサーにて下地塗装(グレー1200番) ←僕は好んで缶スプレータイプを使います。
シャドウ! cv.レイヴン
②.②が乾燥後にシャドウ色を吹いて影を付ける。 ←私はリベットがある部分と影になる部分と排気ダクトに施した
  シャドウ ⇒ ジャーマングレー(100%)
 以上で下地は終わり。  
 シャドウがいまいちわからないという人は、上の補足参照。転輪部分はほぼMAX塗装にてシャドウ。

2.本塗装
本塗装後
①.本体メイン色を塗装する。この際、重ね吹きしすぎてシャドウが消えてしまわないように注意!
  ※エアブラシの吹き方がわからない人は・・・ググって( ´◔‿ゝ◔`)
    本体メイン色 ⇒ オーリブドラブ(2)(80%)+つや消しホワイト(20%)
②.小物類の塗装
  履帯・銃器(機関銃?) ⇒ 黒鉄色(100%)
  小物木製部分 ⇒ レッドブラウン(100%)
  小物金属部分 ⇒ ジャーマングレー(100%)
  ☆マーク ⇒ ゴールド(100%)
  マフラー ⇒ 焼鉄色(100%)


以下、一部の塗装済み写真。
シャドウの効果は世界一ィ!!シャドウのryシャドry綺麗な発色
右下画像以外見ると、シャドウ効果が現れているのがわかると思います。

 また、左上画像で転輪部分の色が違って見えるのは、"ジャーマングレーを下地にMAX吹き"しているためです。そのため、本体色をいくら塗装しても色が濃くなります。最も影となる部分なので、私はこれくらい差が出て問題ないと判断しました。
 ガルパン戦車は派手な汚しは不必要と判断しましたので、ウォッシングとかは無しで塗装していっています。

3.ウェザリング塗装
 ウェザリングといっても、今回はそんな大層なもんじゃないです。ピグメントとか使ったりしませんし、チッピングもウォッシングもしません。
 ※ウェザリングの前に必ず付属デカールを先に貼り付けておきます
 デカールの貼り方はキット付属の説明書参照。
超強い←
①.タミヤウェザリングマスターBの"スス"を使い、本体各所(排気ダクト周囲・リベットライン・銃口・マフラーなど)に着けすぎないように、自然な感じに施す。 ※マフラーにはパステルブラック(100均のパステル)も使用
履帯は既に黒鉄色で塗装済み100均なめんな?
②.黒鉄色で塗装済み履帯(左画像)の表面をパステルで力を入れずに当てる。 ←右画像の左側履帯参照
   履帯汚しその1 ⇒ オイルパステルグレー(100均のパステル)
③.パステルブラウンを②の上から軽く当てる。
   履帯汚しその2 ⇒ オイルパステルブラウン(100均のパステル)

 で、履帯はこんな感じになりました。
汚すぎず、綺麗すぎず想定通りに仕上がりました
 パステルを当ててるだけなので奥まった所は色がつかず、凸部分にのみ色が乗ります。下地の黒鉄色だけだとメタリック感がありますが、凸部分にパステルグレーが乗ったことで光沢が抑えられ、仕上げのパステルブラウンが調子を整える、っという感じです。
 派手なウェザリングではないですが、お手軽ですし間違いなくウェザリングはしていますので予想よりもいい感じに仕上がりました。また、パステルは12色で105円という素晴らしさです(*´∀`)

 
そして、組み立てれば・・・・・・

~完成~

中戦車だしぃ~~ 
―― 県立大洗女子学園 アヒルさんチーム 八九式中戦車甲型 本戦仕様 ―― 

左横~気づくな気づくな・・・・・・ (バックコンテナの持ち手が紛失右横~真上から!
履帯の"たわみ"は、接着剤で上部転輪と接着することで再現しています。

 はい、既に完成して随分経ちますがようやく記事に出来ました!(死
 といっても、写真の取り忘れが多くてなんかイマイチな内容に・・・・・・(☝◞‸◟)☝
 本格的に戦車プラモを作るのは人生初だったんですが、なかなかうまい具合にできたのではないかと思います(震え声
 塗装の技術として、ウォッシングとかチッピングとか色々ありまして私自身その方法は習得済みです。で、他の方の記事見てもそれされてる方が圧倒的に多かったんですが、アニメ見てるうちに別にそこまでいらなくね?、って結論にw
 
 で、実際完成したの見たらいい感じに・・・・・・(^ω^)

 一応、有名な『中戦車だしぃ~』というセリフの部分で開いた窓(?)の部分は裏からテープで止めてるだけなので開閉可能ですw
 で、現在早速次の戦車を製作中です。既に塗装に入る直前まできています。コイツに関しては改修が多々存在して疲れる。八九式は素組みですので。

 
 映画化も決まって聖地大洗ではイベントが開催されています。乗るしかないでしょう、このビックウェーブに・・・・・・(ニヤリ


 では、今日はこの辺で。


今日の一言[0314] (マブラヴ オルタネイティヴ)

『外出していたのか?物好きな奴だなぁ・・・・・・』

by 国連軍横浜基地所属門兵 伍長

あひるさんチーム 八九式中戦車甲型 制作記その1

今日は久しぶりにいい快晴で外歩いてて気持ちよかったですが
風は相変わらず多少強めでしたので減点2くらいしてやりたい
気分。気候現象で風が一番嫌いな、DARK.Rデス

 さて、今日は気まぐれ更新。
 マブラヴ関係ないです。
 で、3つ前の記事くらいで紹介した。ガルパン戦車プラモの仮組みが終わったので紹介

細かいね。少ないけど
こんな感じのパーツが・・・・・・

未塗装でも素敵
こうなります( ´_ゝ`)

 状況としては、あくまで仮組みです。
 とりあえず、作りながら気になった部分の合わせ目を全部処理して、パーティングライン処理とか、ゲート処理も今回は勝手がよくわからないので全部2段カットした後にナイフで整形してます。
 小物パーツはまだ切り取ってもいません。
 穴あけるとこは全部あけてます。
 おかげさまで、慣れてないこともあってかなり時間かかってます(震え声

 で、この戦車に合う塗料を持ち合わせてなかったので現在届くの待ち状態(☝◞‸◟)☝
 ついでなんで、後で作るであろう戦車の塗料も全部まとめて注文しました。
 今なら、ヨドバシカメラは全商品送料無料!!(ステマ
 ちょうどいいタイミング。
 私がいつも行っていた地元のショップが潰れたので、これからは博多かネットで買う羽目に・・・。前者は交通費だけで往復3k飛ぶのでネット安定ですわ( ´◔‿ゝ◔`)

短砲身あまり好きじゃないんですが・・・・・・いい(・∀・)
ぐうかわ(*´∀`) 

 私、短砲身ってあまり好きじゃないんですが、こうして作ってみると意外といいものですねw

ピントェ・・・・・・

こうして見ると、塗装しなくてもいい色してると思います。
 塗装苦手な人でも、墨入れして、デカール貼って、最後にトップコートのつや消しスプレーを吹いてやればかなりいい具合に仕上がるのでは?
 詳しくは知らないですけどw

 初戦車プラモなので右往左往しながら、自分なりに頑張ってる(´・ω・`)
 どっかのサイト見ながら作るとか一切してないです。自分の思うようにやってますw

 さて、いつ出来上がるのやら・・・・・・


 では、今日はこの辺で。


今日の一言[0303] (シュヴァルツェスマーケンより)

『だからなんだ!? あんたの仕事はここで生き残ることだ! しっかりそれをこなせ!』

by 東ドイツ軍第500野戦猟兵中隊指揮官 クルト・グリーベル 曹長

ついに戦車買ってしまった

春休みが終わりついに大学が始まってしまったわけなんですが
なんかもうだるさが尋常じゃなくて家出るまでは行きたくないと
思いつつ出た瞬間帰りたいと思う、DARK.Rデス。

 さて、今日はアマゾンで注文してたのが届きましたのでご紹介。

(*゚∋゚) ←あひる
―― あひるさんチーム 八九式中戦車甲型 ――

 ガールズ&パンツァーに登場する戦車の一つですな。
 以前、"ガルパンをようやく全部見た"的な話をして、やっぱ欲しくなっちゃうじゃないですか?ね?
 でまぁ、私は戦車プラモは作ったことないに等しい(以前にタミヤ1/16 RCシャーマン作りましたが、作っただけなのでノーカン)ので、本格的に塗装とか改修するのは初めてだったりします。

パーツは少ないような気がするけど、細かいのかしら

 そんなわけで、マブラヴとかの合間にちょくちょく戦車製作日記を挟んでいきたいと思います。
 まー、戦車の塗装法とかこうすべきとか、全然知らない状態で始めるので雑な仕上がりにはなりますがw
 ドライブラシとウェザリングができれば大丈夫だと思っている程度の雑魚なので、生温かい目で見てあげてください(震え声
 
 で、なんで八九にしたかというと・・・・・・アマゾンで3k切ってたからデス。
 あと、評価が公式戦車のうちファインモールド以外は最悪だったので。でもまぁ、そのうち他のも買います。
 なので、こいつを使ってコツを掴みのちのち主役のⅣ号戦車シリーズとかポルシェティーガー辺りを作っていく予定です。まぁ、暇な時に作っていくつもりなので更新も完全不定期です。


 まさかの戦車。戦闘ヘリは作ったことあるからその容量で行けばなんとかなる・・・・・・はず(滝汗
 
 
 では、今日はこの辺で。


今日の一言[0301](シュヴァルツェスマーケンより)

『待っていて、お兄ちゃん。――必ず、救い出してあげるから』

by 東ドイツ軍第666戦術機中隊所属 リィズ・ホーエンシュタイン 少尉
プロフィール

DARK.R

Author:DARK.R
都内在住の社会人。
マブラヴを中心としたロボ系やミリタリーが大好きデス。
好きなキャラは"篁唯依"です。

マブラヴ/ZOIDS/サバゲ/各種ネトゲ/プラモ/ガレキ/

※更新は気分次第。

twitter
応援バナーっ!
最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたーっ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

無いなら作ればいいじゃない?

ダメ人間

突然『マブラヴ オルタネイティヴ』にはまったおっさん

れおっちゃんの平凡ブログ

ゼロの独り言!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。